57歳 私の夜間トイレに行く回数

私は毎日10時半頃に床に就きます。

 

現在は早期退職をして無職のため、規則正しい生活を送りたく、決まった時間に就寝するよう心がけています。

 

季節を問わず、1年中通して寝る前にはコップ1杯の水を飲みます。

 

10年位前から、1日中頻尿の症状がありますが、脱水症状による脳梗塞や心筋梗塞の方が怖いので、頻尿のために水分を取らないという考えには否定的です。

 

多少の時間のずれはありますが、大体午前2時頃と午前6時頃にはトイレに行きたくなります。

 

多い時は更に午前4時頃にも行きたくなる時がたまにあります。

 

従って夜間頻尿の回数としては、2〜3回というところです。

今まで泌尿器科に通ってわかったこと

本来であれば、夜間頻尿になる原因を突き止め、それに対処するということが1番の近道かもしれません。

 

今まで泌尿器科で何度か診察を受けたことがありますが、これという原因究明が出来た試しはありません。

 

私は夜間頻尿という症状の他に冷え症があります。

 

自分では冷え症も夜間頻尿の原因の1つと考えるようになったこともあり、冷え症対策を行ってきました。

 

冷えをとるための靴下の重ね履きや、なるべく体を冷やさないように、カイロを体中に貼り付けたり、就寝の際には湯たんぽが欠かせません。

 

それでもなかなか冷え症を改善することは難しいと思います。

 

他に原因が考えられるとすれば、過活動膀胱かもしれないと考えるようになりました。

 

過活動膀胱をしっかりと診断できる医師がいらっしゃれば、一度診察を受けたいと思っています。

 

しかし、元来医者嫌いの私ですので、重い腰を上げるということには高いハードルがあり、今一歩踏み出せない自分にイライラしております。

今までノコギリヤシサプリを試した経験から

サプリメントであれば、比較的簡単に始められる点が良いと思い、今まで何社かのノコギリヤシを試したことがあります。

 

小林製薬の「ノコギリヤシEX」は正直試したことはありませんが、以前から興味は持っていました。

 

私はアレルギー体質のため、食品添加物にアレルギー反応を起こすことがあります。

 

そのため、サプリメント中には、体に害のある食品添加物が含まれている物もあり、なるべく避けるようにしています。

 

特に問題になるのが乳化剤なのです。

 

小林製薬の「ノコギリヤシEX」の全成分を調べてみると、ほとんどの成分が天然由来成分のため、ひと安心出来るのですが、気になるのが大豆レシチンとグリセリン脂肪酸エステルです。

 

大豆レシチンは大豆を原料としている乳化剤のため、安全性は高いと思います。

 

グリセリンは食用の物が使われており、基本的には植物油脂などと変わらず、安全です。

 

また、脂肪酸も過酸化脂肪酸でなければ安全性は高く、大量に摂取しない限り発癌性なども低いと言えます。

 

 

>>小林製薬のノコギリヤシを見る